So-net無料ブログ作成
検索選択

買い換えや処分など乗っている車を売却しようとする

買い換えや処分など、乗っている車を売却しようとする際、なるべく良い値段で売れれば良いのに、と願うのではないでしょうか。
ところでもし、その車が世間で人気の高いボディカラーだった場合は、査定を受けてみると思わぬ高値がついたりすることがあり、嬉しい誤算となるかもしれません。車の人気色は流行があり、変わっていくものではあるものの、ブラックホワイト、そしてシルバーなどは堅調で車史上いつの時代でも万人に受けが良い色で、根強い人気を誇ります。



車を買取に出す場合、動かなくなってしまった車であっても有料買取してもらえるのかは大いに気になる点ですよね。
車が動かなくなってしまっていても、日本車のパーツは高品質・高性能のものが多く、それだけでも値段が付くことがあるので、額は低いですが、買取ってもらえることはあります。業者によっては不動車専門で買取を行っていたりするので、粘って探してみてもいいかもしれません。未経験だと分からないかもしれませんが、車を買取業者に売るのはとても簡単です。



査定して金額に納得したら、その後は流れに乗るだけという感じです。中堅以上の買取業者なら、営業担当者も事務所の人もよくわかっていて、必要書類や今後の流れを丁寧に説明してくれて、売主が書類を渡せば引き取りまでの一切の手続きを業者が行いますから、本当に手間要らずです。売主が用意するのは、実印と印鑑登録証明書、車検証、自賠責保険証と自動車税の納税証明書です。



姓や住所地が違うと戸籍謄本や住民票が必要になります。
それと、車のキーでスペアがあれば、これも業者に渡しましょう。
代金を現金払いしない業者では後日振込みとなるので、振込先となる口座も用意しておきましょう。一度知り合いに「楽だよ」とすすめられて無料出張査定サービスを使い車の売却を行った経験があります。文字通り、無料で査定の人が出張してくれるサービスなのですが、その時の、査定をする人のプロフェッショナルぶりに少し感動すら覚えました。
見ていると、かなり細かくチェックをしていく訳ですが、それでも仕事は素早くこなされて、それ程時間はかからなかったと思います。
ボンネットの端っこにわずかな傷が発見されましたが、これは自分では知らないものでした。

さすがにちゃんとしたプロだけありますよね。


それほど大きくマイナスにはならなかったので、ホッとしました。愛車を手放すにあたって査定を受けるのに一番良い時期はと言うとそれは、車の処分を考えたまさにそのタイミングです。車は機械ですから、何もしないままでも時間が経過するほど傷んでしまうものなのです。
つまり古くなればそれだけ価値は下がっていく一方なのです。車の状態にもよりますが、査定は可能な限り、新しい方が高値がつくのです。

ですので、車の処分を考えた段階で、即売ることが一番良い結果につながると思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: